スポンサーリンク

おならはなぜでるのか?

 

『おなら』は一体なぜ出るのでしょうか?
「おなら」についてのメカニズムを解説します。

 

おならは、別名を「屁(へ)」といいます。おならは小腸上部で消化吸収されなかった食物のカスが、小腸の下部や大腸で腸内細菌の作用によって、分解されるときにガス(腸内ガス)を発生させます。このガスのほとんどは腸管から吸収されますが、吸収しきれないものは肛門から気体として排出されます。

 

これがいわゆる「おなら」であり、屁を放出する事を「放屁(ほうひ)」といいます。

 

腸内で作られるガスは1割ほどで、残りの9割は鼻や口から入ってくる気体なんです。平均的な大人の一日のおなら放出量は、合計0.5〜1.5リットルの量の屁を約5回から20回程度にわたって放出します。

 

腸内細菌というのは、腸内に元々存在する菌で、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」の3種類があり、腸内細菌もオナラを排出する際に一緒に放出されていきます。一回あたりのおならで、約数千〜数万個が放出されるといわれています。

 

 

おならの成分はな〜に?

 

おならは上記でも述べたように全てが気体でできており、体内で作られるものと体外の空気を取り込むものとの2つが合わさって『ぶ〜!』っと出てきます。

 

体外から取り込まれる気体は窒素や酸素で、通常息をするときやご飯を食べる時などに鼻や口から入ってきます。おならの9割の成分が窒素や酸素です。

 

一方体内で作られる気体は、消化器官で食べ物を消化する際に発生するガスで、おならの成分の1割程をしめています。体内で作られるガスは、おなら全体の割合としては非常に少ないのですが、ニオイの素であり強烈なにおいを製造しています。

 

体内で作られるガスの種類
『メタン』

メタンガスは主に肛門の近くにいるメタン菌によって合成されます。ちなみに3人の内2人はメタンを含まない「おなら」をするそうです。しかしメタン菌がいないと、硫酸還元菌が優勢になるため、硫化水素が増加することもあります。

 

『二酸化炭素』

体内の好気呼吸微生物により生産されますが、体外からも少し取り込まれています。

 

『水素』

微生物により体内へ排出されますが、体内の古細菌がメタンを合成するためであったり、硫酸還元菌が硫化水素を合成するために消費されています。

 

おならのニオイの素となる成分

おならのニオイの元となる成分は、食べ物が腸内に入ると消化をするのに発生する物質で、含まれているのは微量ではあるのに対し、強烈なにおいを発生させます。以下は主な成分です。

『酪酸』

腐ったバターのにおいがします。

 

『硫化水素』

腐った卵のにおいがし、タンパク質の分解や硫酸還元菌の活動によって作られます。

 

二酸化硫黄

硫黄のにおいがします。タンパク質の分解によって造られます。

 

二硫化炭素

硫黄系の匂いがします。タンパク質の分解によって造られます。

 

アンモニア

トイレでするにおいです。尿素と関係があります。

 

リン化水素

魚臭いにおいがします。リン酸塩や食物中のリンと関係があります。

 

インドール

有機化合物。大便臭のニオイを発生しますが、実はオレンジやジャスミンなど多くの花の香りの成分でもあります。

 

スカトール

有機化合物の一種。インドールと同じ大便臭を発生し、オレンジ、ジャスミンなど多くの花の香りの成分でもあります。香水などにも含まれています。

 

おならは燃えるので注意が必要!

上記でも述べましたが、おなら(屁)には水素やメタン、硫化水素などといった引火しやすい気体が含まれるため、オナラガスにライターなどを近づけると燃えることがあります。体質や食したものなどによって、よく燃える場合や燃えない場合もあります。

 

オナラガスに火をつけるという行為は、一昔前にどこぞの芸人さんがやっていましたが、火傷を起こす事もあるので注意が必要です。もしやる場合には、周囲に燃えやすい物がないかなどをしっかりと確認し、万が一の場合に備え消火器を用意し、最低でも二人以上の人数で行うなどの万全な体制をとりましょう。

 


 

スポンサーリンク