スポンサーリンク

うんちの色はなぜ茶色なの?

 

健康な人の便の色というのは、ほぼ「茶色」<です。ピンクやブルー、金色といった例外は絶対にありません(笑)

 

食べたものやお腹の調子によっては、多少黄色っぽかったりこげ茶色だったりと、茶色系でも幅広いバリエーションはありますが基本は茶色なんです。

 

なぜ茶色になるのかというと、胆汁という(肝臓で作られる)消化を助ける黄緑色の液体が、腸内細菌との酸化作用によって茶色に変わるんです。胆汁というのは肝臓で作られたあと、一時的に胆のうに貯蔵されますが、食べ物が胃を通過すると十二指腸から合流し消化を助けます。

 

つまり「茶色のうんち」というのは、お腹が正常に稼働しているという事であり、「健康の証」なわけです。

 

 

茶色以外の「うんち」が出てしまったら・・・・

 

先にも述べた通り、基本は茶色のうんちが出るのがベストうんちなわけです。多少黄色がかったり、こげ茶色であったりするのは、腸内細菌のバランスや大腸の通過時間、食べたものなどによって変動する事であり、日によって微妙に変化するのは、当たり前の事であり全く問題ありません。

 

しかし、茶色以外のうんちが出てしまったら、それは何かしらの「危険なサイン」の場合もあります。

 

赤いうんちの場合

 

血のように赤いうんちが出てしまった、うんちに赤い血が混じっていたという場合は、血便といい消化管の出血を疑います。血便が出ると疑われる病気にはガンやポリープ、虚血性大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、感染性腸炎、薬剤性腸炎などなど色々とあります・・・

 

しかし実際のところ、うんちで血が混じっていた多くの場合は、切れ痔による出血だったりします(-_-;) 切れ痔による出血の場合、硬いうんちを出そうと相当力んでいるので、コップ一杯分くらいの鮮血が出る事もあり、非常に驚くこともあります。

 

検査に行っても大腸に異常はなく、「切れ痔による出血だった((笑)」なんてこともよくあるみたいですが、素人目にはわからない事の方が多いので、やっぱり血が混じっていたら検査をする事をおススメします。ちなみに切れ痔の場合、お尻の穴に痛みを伴いますが、痛みが無い場合もあります。

 

黒いうんちの場合

 

黒いうんちはこげ茶とかのレベルではなく、本当にまっ黒なうんちです。黒いうんちの場合も赤いうんちと同じように血が混じっているんです。この色の違いは、出血した部位によって便の色は赤くなったり黒くなったりします。

 

消化管出血で十二指腸より上部の場合はうんちは黒くなり、それより下で出血が起きている場合は赤くなります。ちなみにうんちが黒くなるのは、下りてくる段階でうんちに交じった血液がどんどん酸化していく為です。

 

つまり黒いうんちの場合は、食道や胃、十二指腸などで何らかの異常があると考えられます。黒いうんちで疑われる病気は、食道がん、食道静脈瘤、胃がん、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ポリープなど多数あるので早めの検査が必要です。

 

※鉄剤のサプリなどを飲んでいる時には、黒いうんちが出ます。この場合は問題はありません。

 

灰色のうんちの場合

 

灰色のうんちは石灰みたいな色をしたうんちです。この場合には黄色の胆汁色素が入っていない事が考えられます。何らかの障害によって胆汁が上手く流れなくなっている為に、「閉塞性黄疸」という状態になっています。

 

疑いのある病気としては、胆石や胆肝系のガンが挙げられます。痛くもかゆくもなくても早めに検査しましょう。

 

緑うんちの場合

 

濃い緑とか黄緑色のうんちの場合は、胆汁が酸化されずにそのまま出てしまったためです。主な原因としては、腸炎などで腸内細菌のバランスが崩れてしまった事などが原因です。緑のうんちは子供によく見られますが、その理由は消化機能がまだ未発達なためでもあるので、特別驚くことはありません。

 

大人も抗生物質の薬を飲んでいる場合、緑色になる事がありますが、これは抗生物質が腸内細菌も殺してしまっているために、腸内環境のバランスが崩れるためです。

 

オレンジのうんちの場合

 

オレンジ色のうんちは子供によく見られます。ニオイも生臭いのが特徴です。このオレンジ色のうんちは、消化不良による腸炎が原因です。ですのでそれほど心配する必要はありません。

 

 

白いうんちの場合

 

白いうんちは、まるで紙粘土のようなうんちであったり、茶色の中にほんの少し白いうんちが混じってあったりします。乳幼児に白いうんちが出た場合、ロタウイルスを疑いましょう。ロタは病原性は強くないので回復も早いです。

 

大人の白いうんちの場合、多くはバリウム検査後に出ます。しかしそれとは関係なく白いうんちが出た場合、便秘薬や下剤による影響、各消化管の不具合による胆汁が混ざらない、もしくは出ない事も考えられます。

 

また腹痛や微熱嘔吐に下痢症状が続いて、時折白いものが混ざっている場合は、胆のう炎やタンパク漏出性胃腸症なども疑われます。

 

ツートンカラーのうんちの場合

 

ベースは茶色でも、濃い茶色と薄い茶色が合わさったツートンカラーのうんちが出る事があります。これはうんちの製造時期が異なっているためです。製造時期が違うそれぞれのうんちが腸内で合体した場合、このようなツートンカラーのうんちが出る事がありますが異常ではありません。

 

うんちは健康のパロメーター

 

さてうんちの色というのは基本は茶色。違う色が出たらそれは危険信号でもあるので、「カラフルうんちがあったら良いのに」と楽観的に思ってはいけません。

 

色はシンプルでも稀にうんちが賑やかになっている事があります。きのこ類とかトマトとかコーンを食べた時など、うんちに混ざったりしていますよね。これは食材によっては消化が上手くされないだけで、お腹の状態が悪いわけではありません。

 

子供はちょっとした消化不良で、様々な色の便を出す事がありますが、大人になるとそのバリエーションは減ります。しかし何といっても茶色のうんちが一番なので、いつも茶色である事を誇りに思ってくださいね♪

 


 

スポンサーリンク