スポンサーリンク

江戸時代にあったウンチビジネス

 

日本で化学肥料が発売されたのは昭和20年代の頃で、今では化学肥料がすっかり定着しています。しかし化学肥料がある以前では、人糞や牛などの家畜の糞が肥料として、ごく普通に使われていました。

 

でも大家族の農家であっても自家製造されるウンチの量はやはり少なく、不足分は非農家から買い求めるのが普通の時代でした。

 

そこで当時は都市部の非農家からウンチを買い取り、田舎の農家に売りに行くというウンチ仲買人という職業があったんです。

 

 

ウンチ仲買人は江戸時代からの歴史があった

 

かの徳川家康公は江戸幕府開幕にあたり、80万人もの家来を引き連れて江戸に移りすんだのですが、江戸の土地(現在の東京)である関東ローム層は非常に痩せた土地のため、80万人もの人々を養えるほどの収穫は見込めませんでした。

 

そこで人糞肥料を使ったところ収穫量が激増し、その後の江戸の繁栄を支える事になった一つと言われています。

 

ウンチの副業を始めた大家さん

 

このうんち肥料で大儲けをしたのが長屋の大家さん。

 

当時の長屋というのは、大家さんが所有していたわけではなく、大家さんは所有者から、お給金をもらう管理人さんのような存在でした。管理人さんはそんな管理業の傍ら、当時の長屋の共同トイレに目をつけ、農家にウンチを売る仲買人の仕事もやっていました。

 

ちなみに大家さんが長屋の所有者からもらうお給金は、年間20両程であったのに対して、ウンチ業では年間30〜40両にもなったと言われており、しかもウンチ提供者には一銭もいかないのが当たり前のようで、大家さんは丸儲けをしていたそうな( ̄▽ ̄)

 

このようにウンチ仲買人は、とっても利益率の高い副業であり、この時代では、いかに人糞を確保するかが食糧の生産高を左右するため、このようなウンチビジネスがしっかりと成り立ったわけです。

 

ウンチの士農工商

 

江戸のウンチは長屋に住む住民のウンチばかりではなく、当然お殿様のウンチも肥料として使われていましたが、当時はウンチも階級付けされ位の高いウンチは高級買取されていました♪

 

お殿様以下で、一番高いうんちは毎日豪華な食事をしている大名屋敷のウンチです。次は武士のウンチといったように、ウンチにも士農工商の階級があったわけです。

 

番外編〜人のウンチは肥料としてどうなのか?

 

最後に人のウンチは肥料としてどうなのか?という素朴な疑問なんですが、率直に言うと、一番肥料に適しているウンチは「牛のウンチ」です。
ウシのうんちはよく消化されており、不純物がない草の成分が発酵したものだから、一番土との相性がいいんです。

 

「他にも草を食べる動物はいるじゃん!」という意見もありますが、例えばゾウのうんちは肥料としては使えません。なぜなら腸内細菌の種類や腸の長さが異なる為、消化があまり良くなく、うんちはほとんどそのまま出て来るからなんです。

 

人間のうんちも、不純物がいっぱい混じっているので、あまり良いとは言えません。しかも現代人のうんちはストレスで腸内細菌のバランスもすこぶる悪いですからね、野菜もストレスになっちゃいますよね〜。

 


 

スポンサーリンク