スポンサーリンク

なぜ人によっておならの回数や量が違うの?

 

世間には「おなら」をする回数が、多い人と少ない人がいます。あるいはいつもより、「おならが多くなった」「少なくなった」という変化が起こる人もいます。
おならの回数や量が変化するのには、いくつかの要因があります。

 

 

食べるものの違いによる場合

食べるものの種類によって、おなら製造にも違いが出てきます。繊維質が好きな人は体内ガスもたくさん作られていきます。また炭酸が好きな人は、ガスが増えるためおならも増えます。

 

空気を吸い込む量の違いによる場合

私たちは普段の呼吸だけではなく、食事をする際にも空気を吸い込んでいます。空気を吸い込む量には個人差がありますが、たくさん空気を吸い込む人は、それだけ体外ガスとしての量も増えていきます。

 

食事の際によく噛まない人は、食べ物が唾液の中によく混ざりあわず、唾液の中の空気が抜けないまま胃の中に入るので、げっぷとともにおならも増えます。また胃の構造が、空気を胃の中に飲み込みやすい「空気嚥下症」という症状の場合もあります。

 

体内ガスの発生量が増加する場合

食べ物が消化される過程で、発生するガスの増加が原因の場合もあります。増加する原因としては食べ物の種類にもよりますが、胃腸の働きが悪かったり消化腋の分泌の不足や過剰などで、食べ物が腸内に長く停滞する、「吸収障害」が起きたりした場合に起こりやすいです。胃腸の調子が悪いと、ニオイもきつくなります。

 

ガスを溜めやすい体質の場合

おならを中々できない人は、体内にガスが溜まりやすくなります。溜まりに溜まったガスは腸壁から吸収され呼気や皮膚から排出、肝臓・腎臓などで処理されて外にでますが、結局それだけでは追いつかず、ガスはどんどん溜まっていきます。
やがておならとして出てくるのですが溜まっていたものが多い為に、一度に出るおならの量は多くなりまた何度も出ます。そしてニオイがきついのも特徴です。

 

ストレスが原因の場合

ストレスがあると交感神経と副交感神経のバランスが崩れて腸管の蠕動が阻害されたり、腸内ガスのすみやかな排泄が阻害されたりして、結果的におならが増えてしまいます。通常おならが増加する原因で一番多いのが、このストレスによるものです。鬱状態のときにも胃腸機能が衰えてガスが増えます。

 

ストレスが原因でのおならに関しては、おならの内科・心療内科カテゴリ内のストレスが原因で出る「おなら」で詳しくまとめていますので良かったら覗いてください♪

 

おならの回数が多い人と少ない人の違いのまとめ

 

おならの回数が増えてしまう原因は、病的な要因以外では日頃から意識をする事で、改善していく場合がほとんどです。

 

●常に胃腸の働きが健康であること

 

●ストレスがあまりない事

 

●含む空気量が少ない事

 

●食生活のバランスが良い事

 

これらの事を意識して気をつけていくことでおならの回数も減っていきます。

 


 

スポンサーリンク