スポンサーリンク

便秘になる原因を知ると便秘対策が出来る!

 

便秘も誰もが経験する腹痛の一つですが、便秘は特に女性の方に多く見られます。便通というのは毎日あるのが健康な状態といえますが、3日以上便意がこなかったり便が硬くて量が少ない、残便感が続く場合は便秘といわれています。

 

便秘の諸症状としては、腹痛や排便の困難、腹部膨満感や食欲不振などの症状があらわれます。また便秘が酷くなると肌荒れや肩こりなど、一見関係の無いような症状が出る事もあります。

 

便秘の原因には様々な要因がありますが、「腸の機能的低下によるもの」「腸の疾患」からくるものがあります。

 

 

腸の機能低下が原因の便秘

弛緩性便秘

これは大腸の運動が低下する事でおこる便秘で、腸管の緊張がゆるんでしまい便を体外に送り出すためのぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり水分が過剰に吸収されて硬くなります。

 

ほとんどの便秘と思われる人がこれに相当し女性や高齢者に多いです。症状としてはおなかの張りや残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラなどがあります。

 

原因としては日頃の運動不足や腹筋力の低下、水分不足や食物繊維の不足、極端なダイエットなどが腸の機能を低下させているので、適度な運動や不足分の補給などで回復していきいます。

 

けいれん性便秘

大腸の過緊張により腸がけいれんして便秘を誘発します。副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずにコロコロとした便になったりします。症状としては食後に下腹部痛が起こったり残便感があったりします。またこの症状は便秘と下痢を交互にくり返すことも多いです。

 

けいれん性便秘の原因は精神的なストレスがほとんどを占めていますが、普段からおならを我慢している人もなりやすいです。酷くなると「過敏性腸症候群」などに発展する恐れもあります。けいれん性便秘は、ここ最近増えている便秘の症状でもあり、対策としてはストレスを溜めないようにしていくしかありません。

 

直腸性便秘

直腸に便が停滞してしまう事で起こる便秘で、便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなります。主に高齢者や寝たきりの人、「痔」をお持ちの方、排便を我慢する習慣がある人に多く見受けられる症状です。

 

対策としては、便意を感じたらなるべく我慢せずに出す事。また運動不足で直腸の反応が鈍るので、適度な運動も必要です。痔が痛くてできないという人は「痔」の治療をおススメします。

 

腸の疾患が原因で起こる便秘

腸にイレウスや大腸がん、腸管癒着などの器質的な原因があり、消化管(小腸・大腸)に通過障害が起こり便秘になる事があります。

 

この場合の症状としては、血便や激しい腹痛、嘔吐などがあります。いつもと違う異変を感じたらすぐに病院へ行きましょう。またこのような便秘症状の場合は、むやみに下剤を飲むのはやめましょう。腸管穿孔を引き起こすおそれがあります。

 

女性はなぜ便秘になりやすいの?

日本人女性の半数以上は便秘に悩まされているといわれるほど、女性は男性に比べ便秘になりやすいのですが一体なぜなのでしょう?女性が便秘になりやすいのには、女性ならではの理由が関係しています。

 

便秘原因その1 「身体的な理由」

女性は男性に比べて腹筋力が弱い事の方が多く、その為に大腸が便を送り出す力が弱いといわれています。

 

便秘原因その2 「ホルモンの作用」

女性ホルモンのひとつ「黄体ホルモン」が、身体に水分や塩分をためこむように指示を出し、大腸の腸壁から便の水分が吸収されて便が硬くなりやすくなります。
また「黄体ホルモン」は妊娠した際に流産しないように、子宮筋の収縮を抑制する働きもあり、それが腸にも影響してぜん動運動を低下させてしまいます。「黄体ホルモン」は月経の前や妊娠初期に多く分泌されます。

 

便秘原因その3 「ダイエットによる影響」

女性は男性と比べダイエットを頻繁に行っており、ダイエット時に食事量を減らすことで必要な食物繊維や水分、脂肪分なども一緒に減ってしまいます。それが腸のぜん動運動などに影響を与え、結果、便が硬く排出されにくくなります。

 

便秘原因その4 「精神的な理由」

これも女性ならではの悩みなのですが、人前での恥ずかしさのためにトイレを我慢することも多く、この我慢が便秘を起こす要因にもなっています。

 


 

スポンサーリンク