食物繊維の知っておいて損はない話について

スポンサーリンク

あなたの知らない食物繊維の話

 

食物繊維というとお腹の調子を整え便通が良くなるというイメージが一般的で、「便秘の解消のためには食物繊維をたっぷり摂りましょう!」などとよく言われていますが、実はこれ半分は正しくて半分は間違いなんです。

 

そもそも食物繊維ってなんだかわかりますか?
一昔前まで食物繊維は「吸収されない」「必要な栄養素まで出してしまう」など、不要な食べ物のカスだと考えられていました。

 

しかし1970年代になって、食物繊維について研究していた博士が、『食物繊維の摂取量が少ないと大腸ガン発生のリスクが高くなる』と公表したことから急激に関心が高まり、「身体に不可欠な栄養素」とまで言われるようになりました。

 

 

食物繊維は大きく分けると2種類ある

食物繊維には、大きく分けると水に溶けにくい『不溶性食物繊維』と水に溶けやすい『水溶性食物繊維』の2種類があります。

 

不溶性食物繊維

 

不溶性食物繊維は成熟した野菜などに含まれる糸状に長い筋で、「ごわごわ・ボツボツ・ザラザラ」しているのが特徴です。不溶性食物繊維を多く含む食品としては、穀類、野菜、豆類のほかに、エビやカニの表皮にも含まれています。

 

不溶性食物繊維は、腸内細菌では分解できないものも多いため腸内ガスを発生させやすいです。そのため腸の働きそのものが弱っている場合などはお腹が張って、かえって便秘を引き起こし腸内環境を悪化させてしまうこともあります。

 

水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維には、ネバネバ系とサラサラ系があります。水溶性食物繊維を多く含む食品では、昆布、わかめ、こんにゃく、果物、里いもなどに含まれており、果物に含まれる『ペクチン』やこんにゃく芋に含まれる『グルコマンナン』はサラサラ系、里芋や海藻の主成分などはネバネバ系です。

 

水溶性の食物繊維は、腸内の善玉菌の大好物で大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境が良くなり整腸効果が高まります。また水溶性食物繊維には、食後の血糖値の急激な上昇の抑制や、コレステロールの吸収を抑制する作用もあります。

 

ちなみにこんにゃくの原料は水に溶けますが、食べる用のこんにゃくになると水に溶けません。

 

食物繊維のまとめ

 

腸内環境を良好に保つには、善玉菌の大好物でもある『水溶性食物繊維』をたっぷり摂ることが大切です。だからといって「不溶性食物繊維を摂ってはいけない」というわけではなく、不溶性食物繊維でも適度な量であれば、便も適度な硬さにしてくれますし、便の量も増やし健康な便を作る手助けになります。

 

ただ水溶性の食物繊維に比べると水分量が少ないため、不溶性食物繊維ばかりを摂取すると、便が硬くなりすぎてしまい便秘につながってしまうといった事にもなります。また水溶性食物繊維も水分量が豊富に含まれているため、水溶性ばかりを摂取していると便は軟便化してしまいます。

 

ですのでどちらもバランスよく摂る事が大事って事です♪

 

ちなみに腸内スッキリにあまり役立たない食物繊維というのがあります。それは皆さんもよく知っていてお腹に良いと言われている、『こんにゃく、玄米、おから、ごぼう、豆腐』などが挙げられます。これらは便秘になってしまうわけではありませんが、便秘が良くなるわけでもありません(^^;)

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

オナラはなぜ出るのか?〜おならのメカニズム
なぜおならは出るのでしょうか?またクサいおならのニオイの素はなんでしょうか?そんな疑問を解決するおならのメカニズムについてまとめています。
おならの回数が多い人少ない人の違い
おならの回数の多い人と少ない人の違いについてまとめています。
おならのにおいの原因とニオイ対策
おならのニオイの原因とおならのニオイ対策についてまとめています。
知って得するおならとうんちの雑学
あなたが毎日するおならやうんちには不思議な事がいっぱいあります。知っておいて損は無いおならやうんちの雑学についてまとめています。
下痢の原因と下痢対策
お腹の調子が悪い時の症状の一つである下痢についての原因と対策についてまとめています。
便秘の原因と便秘対策
お腹が調子悪い時の一つである便秘の原因と対策についてまとめています。
おへそにまつわるおへその豆知識
身体の中心に位置する「おへそ」に関する様々なトリビアやおへその働き、おへその汚さなどについてまとめています。
おならにまつわる面白エピソード
誰もがするおならは人それぞれに歴史があります。そんなオナラにまつわる面白エピソードを紹介しています。
お風呂や水中でオナラをするとどうなるのか?
お風呂の湯船やプールなどの水中でオナラをすると一体どうなるのかという事についてまとめてみました。
うんちができるまでの流れ
うんちがどのようにしてできるのか?と考えた事がある人というのは、とっても少ないと思います。ここではうんちができるまでについてまとめています。
うんちの色でわかること
うんちの色について悩んだことはありませんか?うんちの色で身体の様々な状態を知る事が出来ます。うんちの色についてまとめています。
大事な肛門を痔の恐怖から守るには?
子供から大人まで、誰もが一度は痔になった事があるはずです・・・。痔になる原因がわかれば痔を回避する事が出来ます。痔の原因についてまとめています。
オナラやうんち、お腹のあれ〜?っとおもうこと
ときたまあるお腹やオナラやうんちに関する素朴な疑問。そんな小さな疑問をちょっとまとめています。
女性特有のオナラとうんちの悩み
女性ならではのオナラやうんちに関する悩みをまとめています。
オナラやうんち、お腹のあれ〜っておもうこと-その2
ときたまあるお腹やオナラやうんちに関する素朴な疑問。そんな小さな疑問をちょっとまとめているパート2です。
江戸時代ではウンチ売買で稼ぐ猛者がいた!?
江戸時代にはうんちの仲買人というビジネスが成り立っていました。いったい江戸時代にはどのようなウンチ背景があったのかを探ります。
女性の便秘は18世紀のフランスが原因!?
17世紀のフランスでは、ウンチもシッコも垂れ流し放題だったというのは有名な話ですが、現代の世の女性たちが便秘で悩む原因はこのフランスにあると説が・・・。
人は出産時にその後の腸内環境が決まる!?
腸内環境の良し悪しとは、母親の腸内環境によって大きく左右されます。つまり母親の腸内細菌が生まれてくる子供の腸内環境の基本となるんです。なぜなら・・・・