スポンサーリンク

あなたの知らない食物繊維の話

 

食物繊維というとお腹の調子を整え便通が良くなるというイメージが一般的で、「便秘の解消のためには食物繊維をたっぷり摂りましょう!」などとよく言われていますが、実はこれ半分は正しくて半分は間違いなんです。

 

食物繊維は、一昔前までは「吸収されない」「必要な栄養素まで出してしまう」など、不要な食べ物のカスだと考えられていました。

 

しかし1970年代になって、食物繊維について研究していた博士が、『食物繊維の摂取量が少ないと大腸ガン発生のリスクが高くなる』と公表したことから急激に関心が高まり、「身体に不可欠な栄養素」とまで言われるようになりました。

 

 

食物繊維は大きく分けると2種類ある

食物繊維には、大きく分けると水に溶けにくい『不溶性食物繊維』と水に溶けやすい『水溶性食物繊維』の2種類があります。

 

不溶性食物繊維

 

不溶性食物繊維は成熟した野菜などに含まれる糸状に長い筋で、「ごわごわ・ボツボツ・ザラザラ」しているのが特徴です。不溶性食物繊維を多く含む食品としては、穀類、野菜、豆類のほかに、エビやカニの表皮にも含まれています。

 

不溶性食物繊維は、腸内細菌では分解できないものも多いため腸内ガスを発生させやすいです。そのため腸の働きそのものが弱っている場合などはお腹が張って、かえって便秘を引き起こし腸内環境を悪化させてしまうこともあります。

 

水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維には、ネバネバ系とサラサラ系があります。水溶性食物繊維を多く含む食品では、昆布、わかめ、こんにゃく、果物、里いもなどに含まれており、果物に含まれる『ペクチン』やこんにゃく芋に含まれる『グルコマンナン』はサラサラ系、里芋や海藻の主成分などはネバネバ系です。

 

水溶性の食物繊維は、腸内の善玉菌の大好物で大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増えて腸内環境が良くなり整腸効果が高まります。また水溶性食物繊維には、食後の血糖値の急激な上昇の抑制や、コレステロールの吸収を抑制する作用もあります。

 

ちなみにこんにゃくの原料は水に溶けますが、食べる用のこんにゃくになると水に溶けません。

 

食物繊維のまとめ

 

腸内環境を良好に保つには、善玉菌の大好物でもある『水溶性食物繊維』をたっぷり摂ることが大切です。だからといって「不溶性食物繊維を摂ってはいけない」というわけではなく、不溶性食物繊維でも適度な量であれば、便も適度な硬さにしてくれますし、便の量も増やし健康な便を作る手助けになります。

 

ただ水溶性の食物繊維に比べると水分量が少ないため、不溶性食物繊維ばかりを摂取すると、便が硬くなりすぎてしまい便秘につながってしまうといった事にもなります。また水溶性食物繊維も水分量が豊富に含まれているため、水溶性ばかりを摂取していると便は「軟便化」してしまいます。

 

ですのでどちらもバランスよく摂る事が大事って事です♪

 

ちなみに腸内スッキリにあまり役立たない食物繊維というのがあります。それは皆さんもよく知っていてお腹に良いと言われている、『こんにゃく、玄米、おから、ごぼう、豆腐』などが挙げられます。これらは便秘になってしまうわけではありませんが、便秘が良くなるわけでもありません(^^;)

 


 

スポンサーリンク