スポンサーリンク

おならとストレスの関係・おなかの病気

 

人前でオナラをする事は「恥ずかしい行為」であるというのは全世界共通のルールです。ですから公共の場でオナラをするのはタブーです。しかしそうはいってもオナラは生理現象。我慢をすれば心身の健康に悪影響を与えてしまいます。

 

現代社会は人間関係や仕事などで日々ストレスを抱えています。そしてそのストレスは、自律神経の調子を崩し腸に影響を与え、その結果オナラは増えてしまいます。

 

本来オナラは出ると感じた時にするのがベストなのです。しかしオナラは公共の場でするのはタブー。ですから多くの人はオナラを我慢します(もちろん所構わず「プップ」とする人もいますが・・・)

 

オナラを我慢する行為は新たなストレスを生み、ストレスとおならの悪循環が生まれます。ここではおならとストレスの関係、おなかの病気に関する事などについて、まとめています。

 


おなら・おなかの診察室記事一覧

おならはただ単に周囲に迷惑をかけるだけのものではありません。体内に隠れている病気を発見するシグナルでもあります。いつもよりもおならの量が多かったり、ニオイがきつかったりする場合には何かの病気になっている疑いもあります。・おなら体質を改善できる方法・生きた乳酸菌が確実に腸まで届く乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」・腸内環境の改善にはまずメンタルケアから。幸せホルモンセロトニンを活性化するサプリ「セロトアルフ...

ストレス社会といわれる現代において、皆さんも何かしらのストレスを必ずお持ちのはずです。そんなストレスはおならにも大きな影響を与えます。ストレスとおならの関係についてまとめてみました♪・おなら体質を改善できる方法・生きた乳酸菌が確実に腸まで届く乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」・腸内環境の改善にはまずメンタルケアから。幸せホルモンセロトニンを活性化するサプリ「セロトアルファ」自律神経の乱れで胃腸に与える悪影...

おならは我慢しない方がいいです。オナラを我慢する事でストレスが溜まり、結局おならが増える原因になるというのは、ストレスが原因で出る「おなら」でまとめていますが、それ以外にもオナラを我慢する事で様々な弊害をもたらしていきます。またおならの成分には体にとって有毒な成分も含まれているので、おならを我慢しいつまでも体内に溜めておく事は、あまり良い事ではありません。・おなら体質を改善できる方法・生きた乳酸菌...

過敏性腸症候群-IBS(Irritable Bowel Syndrome)は、今や知らない人はいないというくらい一般的な病気であり、多くの人が過敏性腸症候群を患っています。年齢層は20代から40代の主に男性に多く、下痢や便秘などの便通異常をともなう腹痛や腹部不快感が慢性的にくり返される疾患で、現代社会のストレスによる病気として急増中なのです。過敏性腸症候群は長く疾患が続くと、重篤な腸の病気に発展し...

「お腹がはって苦しい」という経験は誰にでもあると思います。時には痛みを伴ったりもして、非常に不快感がありますよね。このお腹がはる事を医学的には「腹部膨満」と言いますが、「お腹がはる」のには様々な原因があります。・おなら体質を改善できる方法・生きた乳酸菌が確実に腸まで届く乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」・腸内環境の改善にはまずメンタルケアから。幸せホルモンセロトニンを活性化するサプリ「セロトアルファ」誰に...

大腸の病気の一つに、潰瘍性大腸炎というものがあります。安倍首相(2017年9月現在)が患ってたことで一気に名が広がっていきました。この潰瘍性大腸炎は、原因不明の非特異性炎症性疾患として、難病指定されている病気であり、現在でも完治するには至っていない病気です。・おなら体質を改善できる方法・生きた乳酸菌が確実に腸まで届く乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」・腸内環境の改善にはまずメンタルケアから。幸せホルモンセ...

潰瘍性大腸炎と同様に難病指定されている、原因不明の炎症性腸疾患の一つに「クローン病」というのがあります。クローン病は主に10代〜30代の若い人に発症しやすく、中高年での発症はほとんどありません。またクローン病の解明は未だ明らかにされておらず、完治できる病気ではありません。・おなら体質を改善できる方法・生きた乳酸菌が確実に腸まで届く乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」・腸内環境の改善にはまずメンタルケアから。...

おなかの病気でよく聞く病気の一つに、腸閉塞(イレウス)というのがあります。その名の通り、腸管がふさがってしまう病気です。通常、口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通りながら、飲食物の消化と吸収を続け、最後に便となって肛門から排泄されます。しかし、これらの食べ物や消化液の流れが、何らかの原因によって小腸や大腸で滞って、内容物が腸に詰まってしまう事があります。この状態を腸閉塞といいます。この腸閉塞...

腸重積(ちょうじゅうせき)とは、小腸が大腸の中に入り込み、逆ぜん動をして腸閉塞を発症してしまう病気です。大人になって発症する事はほとんどなく、主に0〜5歳ぐらいの乳幼児がかかりやすい病気の一つです。治療が遅れると、腸が壊死し重篤な症状を起こすことがあり、早期発見と治療がとても重要となります。・おなら体質を改善できる方法・生きた乳酸菌が確実に腸まで届く乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」・腸内環境の改善にはま...

 

スポンサーリンク