おならと病気の関係について

スポンサーリンク

おならは病気が隠れているサインでもある

 

おならはただ単に周囲に迷惑をかけるだけのものではありません。体内に隠れている病気を発見するシグナルでもあります。いつもよりもおならの量が多かったり、ニオイがきつかったりする場合には何かの病気になっている疑いもあります。

 

 

おならで病気を疑う場合のサイン

オナラがいつもよりクサかったりする、あるいは量が増えている場合、大概は単に食べ物の原因やストレスが原因であることが多いです。しかし「いつもとは何か違うな」という、気になる点がある場合は病気の可能性を秘めている事もあるので、いくつかの判断基準を紹介します。

<いつもよりもガスが多く溜まりやすい場合>

 

単に胃腸の機能低下くらいであれば良いのですが、腸炎や慢性胃炎、直腸に潰瘍があるなどの疑いも考えられます。

 

<おならの回数がいつもよりも多い場合>

 

これも胃腸の機能低下で起こる症状でもあるのですが、胆嚢や膵臓、肝臓の病気、尿路結石などの疑いがある場合もあります。

※あくまで判断材料でありこの通りの限りではありません。気になる方は病院で診察を受けてください。

 

逆におならが出たほうが良い病気もある

これまではおならの量やニオイの変化で、病気の可能性もあると言ってきましたが、今度は逆におならが出た方がいい病気もあります。

 

それは誰もが知っている、盲腸(虫垂炎)です。

 

盲腸の開腹手術をすると、腸のぜんどう運動というのがストップします。盲腸の手術を受けたことのある人ならお分かりでしょうが、おならが出たかどうかを看護師や医師から必ず聞かれますよね。

 

これはストップしていた腸のぜんどう運動が、再び機能しているかどうかを判断するもので、おならが出るということは、腸も通常通り動きだしたということなんです♪

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

ストレスが原因ででる「おなら」
過度な精神的ストレスを受ける事で、腸の機能を悪化させ「おなら」を誘発する事があります。ストレスが原因で出てしまう「おなら」についてまとめています。
おならを我慢する事での悪影響
おならを我慢する事はストレスが溜まるだけではなく、身体のあちこちに負担をかけることになります。おならを我慢をする事での悪影響についてまとめています。
過敏性腸症候群-IBSの原因と改善方法
現代病の一つである過敏性腸症候群-IBSになってしまう原因と最短の改善方法についてまとめています。
お腹がはる原因にはどんな事が考えられるの?
だれでも「お腹がはる」事があります。お腹がはるととても苦しいですが、なぜお腹がはるのでしょうか?
潰瘍性大腸炎の原因と治療・予防法
難病指定されている潰瘍性大腸炎の原因や治療法、予防などについてまとめています。