過敏性腸症候群-IBSの原因と改善方法

スポンサーリンク

過敏性腸症候群-IBSはどうしたら治るの?

 

過敏性腸症候群-IBS(Irritable Bowel Syndrome)は、今や知らない人はいないというくらい一般的な病気であり、多くの人が過敏性腸症候群を患っています。

 

年齢層は20代から40代の主に男性に多く、下痢や便秘などの便通異常をともなう腹痛や腹部不快感が慢性的にくり返される疾患で、現代社会のストレスによる病気として急増中なのです。

 

過敏性腸症候群は長く疾患が続くと、重篤な腸の病気に発展してしまう事もあるので、放っておかずに適切な治療をするのが望ましいです。

 

 

腸は自律神経の影響をもろに受ける繊細な臓器

 

過敏性腸症候群の根本原因は、「ストレスによる自律神経の乱れが、腸の機能に悪影響」を与えてしまうために起こります。

 

腸は単なる消化器官ではなく独立して働くことが出来る唯一の臓器で、人が誕生する時に脳よりも先に、一番初めに作られる部分であり第2の脳とも言われています。

 

腸と脳は相互作用する非常に密接な関係にあります。様々な情報を受け取る神経細胞が張り巡らされており、自律神経とも深く繋がっているために自律神経が乱れると、腸はダイレクトに影響を受けてしまうわけです。

 

また腸の健康は身体の健康とも言われるように、腸が不健康になると身体全体にも悪影響を与えていきます。

 

過敏性腸症候群の主な症状

 

過敏性腸症候群は腹痛やおなかの張りなどの腹部症状や、下痢や便秘などの便通異常を慢性的にくり返す疾患で、男性に多い「下痢型」や女性に多い「便秘型」、またはその両方を交互に繰り返す「混合型」に分けられます。

 

過敏性腸症候群は病院でレントゲンや内視鏡検査などをしても身体的な異常は見つけられないのに、明らかに便通に異常があるという厄介な特徴を持っています。その為適切な診断や治療がされないケースも未だにあります。

 

これらの症状を引き起こしてしまうのは、自律神経が乱れる事で腸の運動機能が乱れてしまう事や腸内細菌のバランスを崩してしまうためです。

 

過敏性腸症候群になりやすい人の特徴

過敏性腸症候群は神経質で真面目な性格の人に多い症状で、このようなタイプの人はストレスを抱えやすく、ストレスを発散させずらいという側面を持っています。また10代のころから胃腸が弱い人は過敏性腸症候群の予備軍であり、社会に出た事で症状を発症してしまうケースが多いです。

 

<過敏性腸症候群のセルフチェック>

 

□ 腹痛を伴う下痢(便は泥状で粘液が出ることもある)

 

□ 便秘、あるいは便秘と下痢を交互に繰り返す

 

□ 時折、うさぎの糞のような便が出る

 

□ 午前中の腹痛が多く、午後からは回復する

 

□ 体重の変化はなく、食欲も普通にある

 

□ すぐトイレに行けない状況で症状が出る

 

□ 排便後は腹痛が収まることが多い

 

□ 排便後、残便感はあるが、便は出ない

 

□ ガスがたまりやすくよく出る

 

□ 睡眠時や休日には症状が出ない

 

□ 症状が1カ月以上持続している

 

これらの中で3つ以上にチェックが入る人は、過敏性腸症候群の可能性が高いです。

 

過敏性腸症候群を治すには?

 

過敏性腸症候群は対処療法として、下痢止めや便秘薬、腸のけいれんを抑える薬などもありますが、あくまで症状に対する一時的な対処でしかありません。

 

中にはストレスで心療内科や精神科でカウンセリングを受け、抗不安剤や抗うつ薬を処方してもらった事で改善したケースもありますが、強い副作用が伴う事や薬をやめる事でぶり返してしまうという事も少なくありません。

 

過敏性腸症候群の完全な根治を目指すには、やはり根本原因であるストレスを解消するか、強いメンタルを作っていくしかしかありません。しかしこれが中々難しい事ですし長期的に見ても時間がかかります。そこで注目すべきところは、腸が自律神経と繋がっているという部分です。

 

ストレスによる自律神経の乱れが腸の運動や腸内細菌のバランスを崩してしまい、過敏性腸症候群を引き起こすので、腸内細菌を整えて腸を元気にさせれば腸の運動も良くなり、自律神経の乱れも整えていく事が出来るのです!

 

腸内細菌を整える近道

 

腸内細菌を整える方法は、乳酸菌を腸内に取り入れて善玉菌を増やしていく事です。
一般的な方法としてはヤクルトやヨーグルト、チーズなどを食べる事ですが、でも実はこれらを毎日摂取しても腸内に届くことはほぼありません。なぜなら乳酸菌は熱に弱く腸内に届く前にほとんどが死滅してしまうからです。

 

これでは効果が出なくて当たり前です。毎日ヨーグルトを食べているのに、お腹の調子が良くならないという人はこれが原因なんです。

 

ではどうしたらよいのかというと・・・
腸内までしっかりと届く乳酸菌サプリメントが効果的なんです。

 

乳酸菌サプリは乳酸菌の特徴を研究し作られているので、途中で死滅することなく、しっかりと腸内まで乳酸菌を届けてくれます。
効果も高く、副作用も無いので多くの方が乳酸菌サプリを愛用しています。

 

⇒ 乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」


 

サプリメントは薬ではないので効果を得られるのには時間がかかるものの、メンタル強化や自律神経を整えるほどのストレス解消法に比べれば、はるかに時間は短縮されますし、何よりも腸内が元気になる事で身体全体の調子も良くなっていくので、おススメの改善方法の一つといえます。

 

IBS-過敏性腸症候群で悩んでいる方は試してみる価値があると思いますよ♪

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

おならと病気の関係
普段のおならと何らかの変化がある場合、病気のシグナルの場合もあります。おならと病気の関係についてまとめています。
ストレスが原因ででる「おなら」
過度な精神的ストレスを受ける事で、腸の機能を悪化させ「おなら」を誘発する事があります。ストレスが原因で出てしまう「おなら」についてまとめています。
おならを我慢する事での悪影響
おならを我慢する事はストレスが溜まるだけではなく、身体のあちこちに負担をかけることになります。おならを我慢をする事での悪影響についてまとめています。
お腹がはる原因にはどんな事が考えられるの?
だれでも「お腹がはる」事があります。お腹がはるととても苦しいですが、なぜお腹がはるのでしょうか?