クローン病の原因と治療・予防法

スポンサーリンク

クローン病ってどんな病気?

 

潰瘍性大腸炎と同様に難病指定されている、原因不明の炎症性腸疾患の一つに「クローン病」というのがあります。

 

クローン病は主に10代〜30代の若い人に発症しやすく、中高年での発症はほとんどありません。またクローン病の解明は未だ明らかにされておらず、完治できる病気ではありません。

 

 

クローン病はどのような症状を起こす病気なのか

 

クローン病は、口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患であり、特に小腸、大腸を中心とする消化管に炎症を起こし、びらんや潰瘍を生じる慢性の疾患です。

 

主な症状は腹痛、下痢、下血、体重減少、全身の倦怠感、発熱などです。また高い確率で口腔粘膜に小潰瘍、痔瘻や裂肛、肛門潰瘍などの肛門病変も起こります。

 

炎症がひどく症状が悪化していくと、消化管の「潰瘍」「狭窄」「瘻孔」(ろうこう)「穿孔」といった事にもなる場合があります。

 

クローン病からの合併症

クローン病は消化管以外の部分にも合併症を引き起こす事があります。

 

主な合併症として、関節痛や関節炎、皮膚上に現れる結節性紅斑や壊疽性膿皮症、眼の虹彩炎、原発性硬化性胆管炎などが挙げられます。

 

クローン病の発症原因は?

 

クローン病を発症してしまう原因は、未だに解明されていません。しかし遺伝的な要因、免疫系の異常反応、動物性蛋白質や脂質の摂取といった偏った食生活などの要因が複雑に合わさって、ひき起こしているのではないかと考えられています。

 

実際、欧米での患者数は多く、その欧米の食生活は問題視されています。

 

クローン病の診断と主な治療法

 

クローン病は口腔から肛門までの消化管全体に起こりえますが、最も病変が生じやすいのは小腸や大腸です。その為診断するにあたり、患者から症状を聞いた後は、血液検査、内視鏡検査、検体検査、消化管造影検査、CT・MRI検査などを行って総合的に診断します。

 

クローン病は根治する事ができない病気ですので、寛解状態へと導き、またそれを維持していくことが目的とした治療を行います。クローン病の治療には内科的治療と外科的治療に分けられます。

 

クローン病の主な内科的治療法

内科的治療法は、食生活が原因とも考えられているので、薬物療法と栄養(食事)療法を併用して行います。

 

薬物療法

薬物療法では、潰瘍性大腸炎でも寛解維持・寛解導入療法で使われている、「5‐アミノサリチル酸製剤(サラゾピリン、ペンタサ)」「ステロイド薬」などを使います。

 

その他ではインフリキシマブ(レミケード)といった分子標的治療薬や、アザチオプリンといった免疫抑制剤も使用します。

 

栄養療法(食事療法)

食事療法では、基本的に栄養剤を投与しながら食事制限(絶食)をします。症状が少し改善してきても、脂質や食物繊維などの摂取制限があります。

 

クローン病の外科的治療

クローン病では基本的に外科的治療はしません。クローン病は発生場所を切除したとしても、数年後にはまた別の場所がクローン病となる可能性が極めて高く、狭窄や腸閉塞を起こした場合や、穿孔、瘻孔や膿瘍を伴う場合など、合併症やよほどの状態のみに手術をします。

 

血球成分除去療法

血球成分除去療法は、炎症を起こす免疫細胞を血液中から取り除く治療法で、潰瘍性大腸炎の治療でも行われています。

 

白血球除去療法、顆粒球除去療法を透析を用いて行います。緩解導入療法として薬物療法と共に行われる他、ステロイド薬が効かない患者への治療にも用いられます。

 

クローン病の経過や予後

 

クローン病になると、学校や仕事といった生活が困難となる事もありますが、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、継続的な検査や治療を続けていくしかありません。日本におけるクローン病の患者数は年々増加してはいますが、近年「寛解」を長く維持できる効果のある薬も出てきており、期待が持たれています。

 

クローン病を原因とする合併症や、病変部位のガン化などで死亡するケースもみられますが、死亡率は一般の方と大きく変わりありません。

 

クローン病の予防について

 

クローン病は原因不明の病気であり、根治する治療法も確立されておりません。ですからクローン病予防にも、確実なものはありません。

 

しかし、食生活が原因(動物性蛋白質や脂質の摂りすぎ)と言われている部分もあるので、偏った食事にならないなど、食生活における気お付けるべき事はできます。

 


 

スポンサーリンク

関連ページ

おならと病気の関係
普段のおならと何らかの変化がある場合、病気のシグナルの場合もあります。おならと病気の関係についてまとめています。
ストレスが原因ででる「おなら」
過度な精神的ストレスを受ける事で、腸の機能を悪化させ「おなら」を誘発する事があります。ストレスが原因で出てしまう「おなら」についてまとめています。
おならを我慢する事での悪影響
おならを我慢する事はストレスが溜まるだけではなく、身体のあちこちに負担をかけることになります。おならを我慢をする事での悪影響についてまとめています。
過敏性腸症候群-IBSの原因と改善方法
現代病の一つである過敏性腸症候群-IBSになってしまう原因と最短の改善方法についてまとめています。
お腹がはる原因にはどんな事が考えられるの?
だれでも「お腹がはる」事があります。お腹がはるととても苦しいですが、なぜお腹がはるのでしょうか?
潰瘍性大腸炎の原因と治療・予防法
難病指定されている潰瘍性大腸炎の原因や治療法、予防などについてまとめています。